転職で年収や給料を上げたい
最初からいい条件で転職したい
1000万円以上の年収が欲しい
有名な企業で働きたい
といった希望がある方はこちらにご連絡ください。

 

また、当サイトからお申込みの方に限り
転職した時に祝い金として10万円お渡しします!

 

>>お申込みはこちら

オーストラリアへの転職が人生を変えてくれた

私が転職しようと思ったきっかけは自分の人生を変えたいと思ったからです。お仕事をやらなければならないの毎日の業務をこなしてはいたものの人生の充実感や楽しさを感じることはありませんでした。ただそう感じていたものの他にやりたいことも何も見つからなかったので自分の人生どう過ごしたらいいのかと常に悩んでいました。考えても答えが出る訳ではなかったので思い切って仕事を辞めて今までしていた仕事とは全く逆の仕事を始めては辞めての繰り返しでした。毎日求人誌やインターネットで色んな仕事を探していました。私は以前美容専門学校を卒業しエステサロンに務めていたのですが飲食店や空港やコンビニなど色んなお仕事を転々としていました。お給料ほ正社員で働いている時より収入はありました。時間の拘束が減ったので身体的なストレスや疲れは以前に比べて軽減されたと思います。アルバイトだけではなく派遣社員としての経験もありました。
とりあえずお金だけは貯めておけば何となるかなと思いお金だけは継続的に貯めていました。そしてある日空港で働いていた時に目の前に客室乗務員の方が通り、その時は特に目標も何も持っていなかったので次は客室乗務員になろうと決めました。理由は毎日同じことの繰り返しではなく色んな場所に毎日行けて楽しいのではないかと、とても単純な理由でした。そこから引き続きアルバイトをしながら英語の勉強を始めて客室乗務員になる決めてから1年半後にオーストラリアにワーキングホリデーに行きました。昔から学校に毎日通って皆と同じペースで授業を進めて行くやり方があまり好きではなかったので英語はほとんど独学で現地で語学学校には行かず現地に着いて次の日から仕事探しを始めました。オーストラリアでは日本と仕事の探し方は全く違っていて履歴書を持ってアポイントメント無しでお店に行きチラシ配りのように自分の履歴書を配るやり方でした。そこにオーナーや店長がいたら即面接が始めり運が良ければその場で仕事を手にできます。私の場合はありがたいことにオーストラリアでの生活を始めて3週間後には仕事を見つけることができました。仕事はアロマセラピストでした。専門学校の時に取得した国際資格がこの国ではとても有名だったのでそのおかげで内定を頂くことができました。今までやってきたことが今になって全て役に立ったので今までの経験は無駄ではなかったのだと思いました。オーストラリアの生活は私自身をしっかりと自己主張するように成長させてくれました。現在ではインターネットで英語・日本語講師のお仕事や翻訳をしていて自分の自由を大切にしながらも毎日充実した生活を送っています。

趣味のための移住からの転職

転職は何度も経験してますが直近での転職理由は東京から地方に趣味のために移住するために転職が必要でした。ハローワークで紹介されたうちの1社は大学の事務でしたが、面接まで通りましたが、お試し勤務というのが3日くらいあってそれで落とされました。今思うと結果オーライだったのかも。でも大学の事務だけあって地方でもお給料がよくてボーナスも年に2回ありました。お試し勤務に行ったとき働いてる女の子たちがお局様にびびって萎縮しながら仕事をしているのが気になったので採用されなくて正解だったです。もし採用されていたら苦しくなってすぐに辞めていただろうと思います。今勤めてる会社は東京でやっていた貿易関連の仕事だったので本当にラッキーでした。転職活動で利用したサイトは地方の移住者支援サイトでした。この会社は東京が本社なので私が東京にいる間に面接を行ってくれて、さらには、もう一社(大学の事務)を受けているので、そちらの結果次第でどうするか考えたいと申し出をしたら快諾してくださるという神対応ぶりに感動してしまいました。大手の商社の子会社だけに対応もフレキシブルだし余裕がある感じでした。ただし地方採用なので手取りは東京時代のお給料と比べると今現在とでは半分になりました。アウトソーシングしているので当たり前ですが、東京と業務内容的にはほぼやっていることは同じなのに手取り額は半分となり腑に落ちない感もありますがそこは目をつぶるしかないと思ってます。契約社員なのでボーナスもありません。そこが残念なところです。代わりに地方のいいところもたくさんあります。同じ貿易事務なので私が業務内容にはすぐに慣れることも出来たし、なんせ人間関係がギスギスしてない、変なお局様もいないし(下手すると私がお局様世代)毎日の満員電車での通勤もないのでストレスフリーだし、車通勤か自転車通勤です。それに仕事をちゃんとやっていれば細かいことにうるさく言う上司もいません。就業時間も遅めの開始からの早めの終了です。何気なくやっていた貿易関連の仕事でしたが、意外と専門性があるようなので、やっていてよかったと思いました。同じ会社で働いている若い女性たちは正社員になりたいこが多いので転職活動をしてるこが多いです。なのでまぁまぁ入れ替わりもあります。私は趣味が充実しているのでこの移住からの転職は成功だったと思えます。あとの補てんは自分の行動次第でどうにか出来ると思っています。転職の話か移住の話かわからない感じになりましたが、よろしくお願い致します。